サイトメニュー

アンチエイジングで人気

水着姿の女性

薬剤選びで注意すること

年齢を重ねることでお肌の悩みは増えますが、それらの困りごとを注射で解消できるため、ボトックス治療に熱い視線が集まっています。例えば笑った時にできる目尻のシワも、美容整形外科でボトックスを打つだけで発生しなくなるのです。また、ボトックス治療が人気なのは、早めに治療を受けておけば、シワの定着を防げる点にもあります。特に繰り返し注入すれば効果の持続力がアップし、新たな表情ジワを作らずに済むことから、定期的な治療を希望される方が少なくありません。切開も縫合も不要ですので、手軽なアンチエイジング治療として、連日多くの方が美容外科でボトックス治療を受けられています。そして、アンチエイジングではタルミ対策も大きな課題ですが、この悩みにピッタリなのがマイクロボトックスです。これは肌の真皮層に少しずつ分散注射して皮膚を引き締め、肌のタルミを改善していきます。毛穴の開きも解消して肌に張りを与えてくれるため、とても自然なリフトアップ効果となっており、首のタルミや縦ジワも治療できる新しいアンチエイジング施術です。皮脂の過剰分泌を抑える効果も含め、肌ツヤを改善して若々しい印象を目指せることから、一度受けた方の多くがリピートされています。筋肉の動きを止めて表情ジワを作らなくするのがボトックスの効果ですが、既に刻まれた深いシワを治す効果はありませんので、その点には注意が必要です。ただし、ヒアルロン酸と併用治療するといった方法もあるため、必要に応じて美容外科で相談しましょう。また、ボトックスは様々な製薬会社が製造していますが、美容目的で厚労省が承認しているのは1種類だけですから、治療を受ける時は極力公認品をお選びください。公認品は日本人の臨床データが豊富にあり、安全性と有用性も確認されているのが強みです。さらに製造時をはじめ、輸送中の保管状況も厳格に管理されているため、ベストな効果を発揮できる状態で各美容整形外科に届けられています。ボトックスは保管温度が高温だと効果が下がる性質があり、低温での輸送が欠かせないからです。そのため格安品では製品ごとで効果にムラが見られる場合もありますが、公認品なら一定の品質が保たれています。値段的には格安品が魅力的とはいえ、効き目や持続期間は公認品の方が優れているので、ボトックス治療を受ける時は薬剤選びに留意しておきましょう。数あるクリニックには保証制度を設けている美容外科も見られますが、保証対象は公認品を使った治療のみ、という場合もありますから気を付けてください。

カウンセリング

効き目の特色

3日程度で効果を感じ始め、数週間掛けて効き目が少しずつ現れ、その効果が4カ月程度持続するのがボトックスの特色です。下アゴの骨が小さくても、その上に乗る咬筋が厚くなればエラの張った顔になるなど、筋肉が原因で顔が大きくなる場合も多々あります。

詳しく見る

看護師

気になる表情ジワを解決

表情ジワが気になる場合は、アセチルコリンの分泌を抑止して、無意識レベルで表情筋の動きを止めるボトックス治療が効果的です。ただしボトックスは熱に強くないため、サウナや熱めのお風呂を控えるなど、体を温め過ぎないのが豆知識となります。

詳しく見る

顔に触れる女性

手っ取り早く小顔に

注射するだけで小顔効果をもたらすエラボトックスは美容雑誌で特集が組まれることもあり、若い世代を中心に人気を集めています。何度も注射している内に注射要らずの状態になる可能性があります。ただ、元々エラ骨が張り出している場合は骨切り術が適当です。

詳しく見る

注射

美容整形手術のマナー

簡単に利用できるボトックス効果を使った美容整形の施術は、最初にカウンセリングを受けるので話を聞いておくべきです。施術そのものは難しくない治療法ですけど、医師の能力によって違いが出やすいので事前の確認がいります。

詳しく見る

人気記事

カウンセリング

効き目の特色

3日程度で効果を感じ始め、数週間掛けて効き目が少しずつ現れ、その効果が4カ月程度持続するのがボトックスの特色です。下アゴの骨が小さくても、その上に乗る咬筋が厚くなればエラの張った顔になるなど、筋肉が原因で顔が大きくなる場合も多々あります。

詳しく見る

看護師

気になる表情ジワを解決

表情ジワが気になる場合は、アセチルコリンの分泌を抑止して、無意識レベルで表情筋の動きを止めるボトックス治療が効果的です。ただしボトックスは熱に強くないため、サウナや熱めのお風呂を控えるなど、体を温め過ぎないのが豆知識となります。

詳しく見る

顔に触れる女性

手っ取り早く小顔に

注射するだけで小顔効果をもたらすエラボトックスは美容雑誌で特集が組まれることもあり、若い世代を中心に人気を集めています。何度も注射している内に注射要らずの状態になる可能性があります。ただ、元々エラ骨が張り出している場合は骨切り術が適当です。

詳しく見る